XMのCFD銘柄を全公開!各シンボルの必要証拠金率の早見表付き

XMでは、FX以外にもCFD商品を扱う事も可能です。

 

FXの経験をある程度重ねると、CFDの存在を知り、CFDに取り組む方が数多くいます。

 

トラダ
私もCFDってなんだ?という所からスタートしております。

当記事では、下記の疑問に対する回答を記載しておりますので、気になる方はご欄下さい。

 

▶ CFDって聞いた事あるけど、CFDについてもう少し詳しく知りたい
▶ XMのCFDの条件を知りたい
▶ 国内CFDと海外CFDの違いってなに?
▶ XMのCFD全47銘柄
▶ CFD銘柄でトレードしてみた結果・・・

 

CFDってなに?

そもそもCFDなに?

 

 CFDとは?
CFDはContract for differenceの略で、差金決済取引の事を意味します。差金決済取引とは、取引商品に対しての利益や損益の差額のみでやりとりする事を意味します。証拠金を担保として預け入れ、FXと同様にレバレッジを効かせながら、取引したい金額を全額用意せずに取引を行う事が可能です。

 

XMではCFDとして扱っている商品が、大きく分けて4つのカテゴリーがあり、株式指数、コモディティー、エネルギー、貴金属に分かれています。

 

各CFDの解説

XMのCFDは大きく分けて4つのカテゴリーがあるとお伝えしましが、各カテゴリーごとの詳細をカンタンに解説致します。

 

解説の前に理解しておきたいのが、「現物」と「先物」という基礎知識です。

 

先物とは?

 先物取引とは?
現時点で、ある銘柄の将来の売買について、あらかじめ価格と日程を約束する取引の事です。

 

トラダ
現時点で、将来の〇月〇日に、〇〇という銘柄を〇〇円で売買しよう!
と約束すると理解すればわかりやすいかもしれません。

 

先物取引とは?

現物とは?

主にCFD銘柄の中でも、株式指数での扱いとなるのですが、取引所を通じて株の売買を行う事を意味します。

 

普段、FXにて通貨ペア銘柄の売買を行っているかと思いますが、その「通貨ペア」が「株」に代わって売買している事を、現物取引している事だと思って頂いて問題ございません。

 

トラダ

複雑な言い方をしているだけで、とてもシンプルです

 

現物と先物の知識をざっと理解できたところで、各CFDのカテゴリーの解説に入りたいと思います。

株式指数

XMの株式指数では、世界の株式市場に参入する事が可能です。

株式指数では、現物指数と先物指数が存在し、同じ銘柄でもスプレッドなどの取引条件が変動する事があります。

 

例)JP225の現物と先物比較表(右へスクロール可)

最低価格変動 最低スプレッド 最大取引サイズ 必要証拠金率
JP225Cash(現物) 1 12 10000 0.5 %
JP225(先物) 1 24 10000 0.5 %

 

日本では、JP225と呼ばれ、アメリカではUS100と呼ばれたりしているのですが、各国の上場企業の時価総額上位指定銘柄の数値を平均して算出されています。

 

株式指数での取引については、配当金を受け取れる仕組みになっております。

但し、現物指数のCFD銘柄のみが対象となり、以下の銘柄は対象外となります。

 

▶ Germany30 (GER30Cash)
▶ 先物指数のCFD銘柄
配当金の計算式

現物指数で受け取れる配当金計算式は、以下の式をもとに算出されます

 

申告された指数配当金 x ロット数でのポジションサイズ

コモディティー

コモディティーとは、ココアやコーヒー豆、コーンや砂糖などが分類されており、何世紀も前から取引されているカテゴリーとなります。

 

コモディティー銘柄は、基本、先物取引となっており、先程解説した通り、将来に対して取引条件を約束した上での取引手法となります。

 

実際に、直近1年間のココアのチャートをご覧ください

CFD>コモディティー>ココア>チャート

 

上記は、1日足表示となっておりますが、直近1か月程は下降トレンドになっています。

コモディティーカテゴリーは、比較的読みやすい銘柄も多い為、スプレッドを見極めた上で中長期でトレードする事をおススメ致します。

 

エネルギー

原油、軽油、天然ガスなどで構成されているのが、エネルギーカテゴリーとなります。

 

エネルギーCFDは、ボラティリティが高く、スキャルピングトレードやデイトレードをメインに取引する方であれば、相性が良いかもしれません。

 

下記は、先物銘柄の天然ガスの1日足のチャートとなっており、先程と同じように直近1年分のチャートです。

 

CFD>エネルギー>天然ガス>チャート

 

エネルギーカテゴリーは、世界経済の状況にかなり左右される銘柄が多い為、世界経済の中でも環境に関する情報を収集した上で参入すれば、利益を獲得しやすいカテゴリーと言えます。

 

貴金属

貴金属のカテゴリーは、ご存知の方も多いかもしれませんが、GOLDやSILVER銘柄で構成されるカテゴリーです。

他にもプラチナやパラジウムが存在します。

 

貴金属は、比較的、政治的な変化動向に左右される傾向なので、あまり変動はしにくい銘柄となります。

 

実際、GOLDは1年前からずっと上昇傾向にあります。

CFD>貴金属>Gold>チャート

 

貴金属の中でも、GOLDは、いつの時代も価値を保てるもので、成長国の富の象徴として資産保有されます。

GOLDの取引を極める事で、資産構築に大いに貢献できる銘柄であり、リスク管理しやすい銘柄であります。

 

 

\ XMでFXの醍醐味を味わおう /

 

 

CFD取引のメリット・デメリット

CFD取引のメリットデメリット

 

FXにも似ているCFDですが、どのようなメリットやデメリットがあるのか解説致します。

FXと似通ったメリット・デメリットや国内CFDのメリット・デメリットも踏まえた上でご紹介致します。

 

CFDのメリット

少ない資金で大きな取引が可能

買い/売り 両方から取引可能

手数料無料

世界の株式の売買可能

変動の少ないCFD銘柄でリスクヘッジできる

配当金や金利が受け取れる

 

FXと同じようなメリットも見受けられますが、株式などの取引をCFDにて扱える事で、配当金を受けとれるメリットなどは、資産構築する上で、とても有効的かと感じます。

 

CFDのデメリット

スプレッドが必要な為、広めのスプレッドには注意

取引時間が銘柄毎にまばら

満期日が存在する

満期日に未決済のポジションを持っている場合は全て強制決済となる

日本国内では、CFD専用取引口座を作る必要がある

日本国内では、追証が発生する恐れがある

 

扱うCFD銘柄によっては、かなり広めのスプレッドが発生したりする為、スプレッド値には十分注意して取引する事が必要です。

 

また、銘柄によっては、満期日といって、その日までに必ず決済しなければいけないルールが存在し、もし満期日に未決済ポジションを保有している場合は、強制決済されるので、満期日が設定されている銘柄を取引する際は、注意が必要です。

 

後、補足のデメリットとして、日本国内のCFDでは、CFD専用の取引口座を開設する必要があり、少し手間がかかります(XMはFXと同じ口座でCFDの取引可能)

 

 

\ まずはスタンダード口座がオススメ /

 

 

FXとCFDの違いは?

FXとCFDの違いってなに?

 

CFDは、FXと似ているのですが、いくつか違う点があり、上記でも解説した通り、扱う銘柄によっては金利や配当金などによって利益を得る事が可能となっております。

 

他に違う点が、取引時間です。

 

下記に各銘柄ごとの取引時間を記載しているので、必要な方は確認しておきましょう。

 

XMのCFDに関する取引時間

XMで取扱いのあるCFD取引時間は、各銘柄によってかなり変動があります。

 

4つのCFDカテゴリー毎に取引時間を記載しておりますので、気になるカテゴリーをクリックしてみて下さい。

 

【コモディティー】
シンボル 取引時間 月曜開場 金曜閉場
COCOA 11:50-20:25 11:50 20:25
COFFE 11:20-20:25 11:20 20:25
CORN 03:05-15:40,16:35-21:10 3:05 21:10
COTTO 04:05-21:15 4:05 21:15
HGCOP 01:05-23:55 1:05 23:10
SBEAN 03:05-15:40,16:35-21:10 3:05 21:10
SUGAR 10:35-19:55 10:35 19:55
WHEAT 03:05-15:40,16:35-21:10 3:05 21:10
【株式指数|現物指数CFD】
シンボル 平日 月曜開場 金曜閉場
AUS200Cash 02:55-09:25,10:15-23:55 2:55 23:10
CHI50Cash 04:05-11:25,12:05-23:40 4:05 23:10
EU50Cash 09:05-22:55 9:05 22:55
FRA40Cash 09:05-22:55 9:05 22:55
GER30Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
GRE20Cash 10:40-16:55 10:40 16:55
HK50Cash 04:20-06:55,08:05-11:25,12:20-19:55 4:20 19:55
IT40Cash 10:05-18:35 10:05 18:35
JP225Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
NETH25Cash 09:05-22:55 9:05 22:55
POL20Cash 09:50-17:45 9:50 17:45
SINGCash 03:35-12:05,12:45-23:40 3:35 23:10
SPAIN35Cash 10:05-20:55 10:05 20:55
SWI20Cash 09:05-22:55 9:05 22:55
UK100Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US100Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US30Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US500Cash 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
【株式指数|先物指数CFD】
シンボル 平日 月曜開場 金曜閉場
CHI50 04:05-11:25,12:05-23:40 4:05 23:10
EU50 09:05-22:55 9:05 22:55
FRA40 09:05-22:55 9:05 22:55
GER30 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
JP225 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
SING 03:35-12:05,12:45-23:40 3:35 23:10
SWI20 09:05-22:55 9:05 22:55
UK100 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US100 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US30 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
US500 01:05-23:15,23:30-23:55 1:05 23:10
USDX 03:05-23:55 3:05 23:10
【貴金属】
通貨ペア 取引時間
GOLD
月曜日 – 木曜日: 01:05 – 23:55
SILVER
金曜日: 01:05 – 23:50

その他金属先物CFD

シンボル 平日 月曜開場 金曜閉場
PALL 01:05-23:55 01:05 23:10
PLAT 01:05-23:55 01:05
23:10
【エネルギー】
シンボル 平日 月曜開場 金曜閉場
BRENT 03:05-00:55 3:05 23:10
GSOIL 03:05-23:55 3:05 23:10
NGAS 01:05-23:55 1:05 23:10
OIL 01:05-23:55 1:05 23:10
OILMn 01:05-23:55 1:05 23:10

 

 

 

XMのCFD商品ってなにがあるの?計47銘柄全て紹介

XMのCFD商品47銘柄全公開

 

先程のCFD取引時間をご紹介した際に、銘柄を記載しましたが、改めてご紹介致します。

 

XMでは、CFD銘柄は合計47種類あり、海外FX業界でも最多の取扱数です。

 

CFD銘柄のカテゴリー毎に掲載しているので、どのような銘柄があるのかさらっとご確認下さい。

【XMのCFD銘柄 全公開】
株式指数(現物)
株式指数(先物) コモディティー 貴金属 エネルギー
AUS200Cash CHI50 COCOA GOLD BRENT
CHI50Cash EU50 COFFE SILVER GSOIL
EU50Cash FRA40 CORN PALL NGAS
FRA40Cash GER30 COTTO PLAT OIL
GER30Cash JP225 HGCOP OILMn
GRE20Cash SING SBEAN
HK50Cash SWI20 SUGAR
IT40Cash UK100 WHEAT
JP225Cash US100
NETH25Cash US30
POL20Cash US500
SINGCash USDX
SPAIN35Cash
SWI20Cash
UK100Cash
US100Cash
US30Cash
US500Cash

 

 

XMのCFDと国内CFDとの違い

XMと国内のCFD条件の違い

 

先程、FXとCFDの違いについてご紹介しましたが、XMのCFDと国内CFDとの違いについても触れておきたいと思います。

国内とXMのCFDでは大きく分けて2つ違いがあります。(今回はGMOクリック証券を参照)

 

最大レバレッジ

まず1つ目が、CFD毎の最大レバレッジです。

国内のCFDは、各カテゴリー毎のレバレッジが以下となっております。

 

(GMOクリック証券参照)

カテゴリー レバレッジ
株式指数 10倍
コモディティー 20倍
エネルギー 20倍
貴金属 20倍

 

その点、XMでは、CFDの銘柄毎に設定されている必要証拠金率に応じたレバレッジで、取引する事が可能なとなっております。

 

例)JP225 必要証拠金率0.5% レバレッジ200倍

 

関連記事:XMの口座タイプを徹底検証|XM経験者が解説するオススメ口座とは

 

XMは1つの口座のみでFX・CFDの取引が可能

日本国内では、FXとCFDの口座を別に開設する必要がありますが、XMでは、1つの口座のみでFXやCFDなど制限なく取引する事が可能です。

 

また利用しているプラットフォームも変更する事なく、MT4で開設しているのであれば、同じMT4内で取引する事が可能です。

CFD銘柄はFX銘柄と同じプラットフォームでトレード可能

 

上記画像でお分かりになるかと思いますが、FXで扱うような通貨ペアと並んで、CFD銘柄であるJP225Cashが表示されているかと思います。

 

上記画像のように、XMでは、FXとCFD銘柄を同じプラットフォーム内で取引する事が可能となっており手間がかからないのが特徴となっております。

 

 

\ 完全日本語サポート /

 

 

XMの各CFD商品の取引サイズと必要証拠金率の紹介

XMCFD 取引サイズと必要証拠金

 

ここでは、XMの各CFD銘柄に設定されている取引サイズと必要証拠金率のご紹介をさせて頂きます。

 

FXと比較して、少額の証拠金で取引可能なので、確認しておくことをおススメ致します。

 

【コモディティー】
シンボル 最少/最大取引サイズ 必要証拠金率
COCOA 1/500 2 %
COFFE 1/80 2 %
CORN 1/500 2 %
COTTO 1/100 2 %
HGCOP 1/200 2 %
SBEAN 1/250 2 %
SUGAR 1/500 2 %
WHEAT 1/500 2 %
【株式指数|現物CFD】
シンボル 最大取引サイズ 必要証拠金率
AUS200Cash 250 1 %
CHI50Cash 100 1.5 %
EU50Cash 250 1 %
FRA40Cash 150 1 %
GER30Cash 150 1 %
GRE20Cash 30 10 %
HK50Cash 300 1.5 %
IT40Cash 40 1 %
JP225Cash 10000 0.5 %
NETH25Cash 1700 1 %
POL20Cash 1500 2 %
SINGCash 3500 1.5 %
SPAIN35Cash 80 1 %
SWI20Cash 100 1 %
UK100Cash 100 1 %
US100Cash 340 1 %
US30Cash 40 1 %
US500Cash 350 1 %
【株式指数|先物CFD】
シンボル 最大取引サイズ 必要証拠金率
CHI50 100 1.5 %
EU50 250 1 %
FRA40 150 1 %
GER30 150 1 %
JP225 10000 0.5 %
SING 3500 1.5 %
SWI20 100 1 %
UK100 100 1 %
US100 340 1 %
US30 40 1 %
US500 350 1 %
USDX 1000 1 %
【エネルギー】
シンボル 最少/最大取引サイズ 必要証拠金率
BRENT 1/400 1.5 %
GSOIL 1/500 3 %
NGAS 1/300 3 %
OIL 1/400 1.5 %
OILMn 1/4000 1.5 %
【貴金属】
通貨ペア 最大取引サイズ 必要証拠金率
GOLD 0.01/200(MT4)
0.1/200(MT5)
SILVER 0.01/200(MT4)
0.1/200(MT5)
PALL 1/100 4.5 %
PLAT 1/100 4.5 %

 

 

 

 

【実体験】XMのCFDでトレードしてみた

<実体験>XMCFDでトレードしてみた

 

さて、ここまでCFDについての基礎的な部分をご紹介させて頂きましたが、ここからは、私が実際、CFD銘柄を取引してみた結果や所感をご紹介致します。

 

今回は、株式指数の先物CFDである「US500」を選択し取引してみました。

US500先物の条件

 

下記に、今回エントリーした条件を記載しており、トレード結果の写真も掲載しております。

 

エントリー条件(買い)
エントリー:19/7/1 2978.53
決済   :19/7/15 3017.73
損益   :2,116

US500トレード結果

 

US500の後ろに「-SEP19」と記載されていますが、こちらは「満期日」を意味します。

先物で取引する場合に記載されており、今回の満期日は、SEP19となっているので9/19という事ですね。

 

トラダ
ポジション保有期間としては、約2週間ぐらいですね。

 

実際のチャート画面が以下です。

 

株式指数|先物CFD>US500>チャート画面

 

自身のトレード結果を振り返ってみると、エントリーポイント辺りにラインを引いており、そのラインを超えた為、買いでエントリーした経緯がありました。

 

後は、3015辺りで決済しようとマイルールを決めていましたので、超えたタイミングで決済し、利益獲得となりました。

 

トラダ
我ながら綺麗なエントリー決済であったと感じます。

 

CFDは、銘柄選定を間違えなければ、中長期保有してリスクヘッジになる為、おススメしたい銘柄です。

 

 

 

 

XMのCFD銘柄を表示させる方法

XMのCFD銘柄を表示させる方法

 

ここで、MT4やMT5で、CFD銘柄を表示させる方法をお伝えできればと思います。

PCとスマホの両方をご紹介致しますのでご参考までにご覧下さい。

 

私が、CFD銘柄でトレードした「US500-先物」を表示する流れをご紹介致します。

 

PC(MT4 & MT5)での表示方法

まずは、PCからご紹介致します。

MT4でもMT5でも一緒なので、そのままご欄下さい。

 

まず、気配値画面で右クリックし、通貨ペアを表示を選択します

MT4>気配値画面>通貨ペア表示

 

次に、通貨ペアリストの中からCFDFutureを選択します

 

通貨ペア>CFDfutureを選択

 

 

下にスクロールすると、US500-SEP19があるかと思いますので選択後、「表示」をクリックします

US500-SEP19を選択

 

 

気配値画面をみると「US500-SEP19」が表示されているかと思いますので、右側のチャート画面スペースへドラッグ&ドロップします

 

CFD銘柄を気配値画面からドラッグ&ドロップ

 

すると、US500-SEP19のチャートが表示されたかと思います。

 

チャート画面表示

 

 

これでPC編は完了です。

 

スマホでの表示方法

スマホでは、MT4 もしくは MT5のアプリを取得する必要があります。

まずは気配値画面にて、右上の「+」をタップ

 

MT5アプリ>右上+をタップ

 

次に「CFD Future」をタップ

 

CFDFutureを選択

 

下にスクロールすると、「US500-SEP19」があるので「+」マークをタップ

赤枠内をタップすると、銘柄の詳細情報を確認する事が可能です。

 

US500-SEP19の+をタップ

 

気配値画面に戻ると、無事に「US500-SEP19」が表示されているかと思います

 

気配値画面にてUS500-SEP19を確認

 

 

後は、チャート表示すると、下記のようにUS500-SEP19のチャートが見れるようになります

 

US500-SEP19のチャート画面表示

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

XMのCFDについて、解説させて頂きましたが、最後にXMのCFDポイントをおさらいとしてご紹介して終わりにしたいと思います。

 

【おさらい】XMのCFDポイント

CFDのポイントとして記事内には記載していない項目もございますので、確認しておきましょう。

 

CFD銘柄には満期日が存在する

満期日に未決済のポジションを持っている場合は全て強制決済となる

CFDの株式指数銘柄を保有している場合、配当金を受け取れる

水曜日から木曜日のスワップは3日分が請求される(土日閉場分を水曜日分にて調整)

CFD銘柄の証拠金計算式:ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

 

 

トラダ検証結果
5

トラダが100時間程かけて、検証した結果・・・
XMは海外FXの中でも安全性が高く、日本人に向けたサービスが唯一整っています

過去の私のように国内FXで消耗している方こそトライするべきです

>XMに関する調査は出来る限り対応します

XMに関する調査は出来る限り対応します


XMって本当に大丈夫?との思いで当サイトにお越し頂いているかと思います。その不安をトラダが実践し検証することで、皆様がクリアなトレードを実践できるよう努めます。

海外fx初心者が騙されない為に、XM体験記を通じて迷っていた事が解決に繋がれば、これほど嬉しいことはありません

CTR IMG