XMのロスカットレベルは?計算ツールを使ってタイミングを事前予測

FXを取り組む上で、ロスカットの存在は欠かせません。

本来は保険的な役目を果たすロスカットですが、場合によっては利益を取れたにも関わらず、損失を被る可能性も十分にあります。

 

トラダ
損失を被ってしまったのが以前の私です。

 

当記事では、XMでトレードを行うに辺り、ロスカットでの損失を回避できるよう、予備知識として把握できる内容を記載しております。

 

▶︎XMの強制ロスカット条件
▶︎国内ロスカットレベルとの比較
▶︎XMロスカットレベルのメリットデメリット
▶︎ロスカットとハイレバレッジの考え方

 

XMのロスカットレベルは脅威の20%

ロスカットレベル20%

 

XMのロスカットレベルは必要証拠金の20%でカットされます。

ロスカットの解説をしていくに辺り、いくつか用語の意味を把握しておかないと、深く理解できないので先に下記で説明する用語を覚えていきましょう。

 

この20%が低いのか高いのかの判断ができる人は、下記の定義は飛ばしてもらってもかまいません。

 

XM定義|ロスカット・ロスカットレベル・証拠金維持率を覚えよう

まずはロスカットロスカットレベルの意味を理解しておきましょう。

 

ロスカットとは

– ロスカット –
各FX事業者の規則に則り、保有しているポジションに対し強制的に決済される事を言います。
XMでは証拠金維持率が20%になった段階で、保有ポジションが強制決済される仕組みとなっております。ロスカットにおける○%の証拠金維持率の事をXMでは「ロスカットレベル」と呼んでおり、国内ではロスカットラインとも言われる。

 

少しわかりにくいと思うので、以下の画像をもとにイメージして見てください。

 

証拠金維持率

 

「証拠金維持率」という言葉が出てきましたので、併せて解説しますので、理解しておきましょう

証拠金維持率とは

– 証拠金維持率 –
端的に言うと、必要証拠金の割合の事を意味します。
本来は保険的な考え方として、ロスカットという仕組みが生まれているのですが、ロスカットレベル
(上述)によっては、想定しているよりも早くロスカット(強制決済)されてしまい、本来取れていた利益が取れず、損失として計上される恐れがあります。

 

証拠金維持率がどこに記載されているかというと、以下の赤枠内に表記されております

 

証拠金率
この口座の場合、証拠金維持率は112%となります。

 

ポジションを保有していれば、チャートの動きによって、証拠金維持率が変動し、この数値が20%を切るとロスカットになるという仕組みです。

 

 

国内FXとXMのロスカットレベル比較

国内FXとXMロスカットレベル比較

 

XMのロスカットレベルが20%と理解できたところで、国内FX事業者とどの程度違うものなのか、ロスカットレベルを比較してみましたのでご覧ください。

 

国内FX事業者 ロスカットレベル(以下)
DMM FX 50%
外為どっとコム 100%
SBI FXトレード 50%
ワイジェイFX 50%
ヒロセ通商 100%
外為オンライン 20%
FXプライム 100%
JFX 100%
GMOクリック証券 50%
みんなのFX 100%
マネーパートナーズ 40%

(順不同)

 

国内FXの中にも水準が20%台のFX事業社もありますが、大半が50%以上のロスカットレベルとなります。
国内FXは海外FXと違って、追証が発生する為、ロスカットレベルの水準が低すぎると損失が発生する際、リスクがとても高くなります。
もう少し補足すると、国内FXの大半は、急な相場変動により、ロスカットが機能しない事がある旨が利用規約に記載されています。

 

DMMFX規約

 

もし、みなさんがここをしっかり理解できていないようでしたら、思いも寄らない損失を被る可能性は十分にあります。
トラダ
現に私がそうでした。。

 

その点、XMは、急な相場変動によりロスカットが機能せず、マイナスになってしまったとしても、ゼロカットシステムにより証拠金以上の損失を被る心配はございません

 

トラダ
私が海外FXに強烈な魅力を感じたのが、このゼロカットでした

 

【緊急度高め】いち早くリスクを考慮し対策すべき|急な相場変動事例

みなさんは、2016年に起こった「EU離脱」による変動をご存知でしょうか?

その時のチャートが以下となります。

2016.6.24変動

 

この日、ポンド円チャートでは1日で20円ほど急落した相場によりロスカットが機能せず、かなりの額の追証を負ってしまったトレーダーが続出しました。

 

FXの世界では、このような事が現実に起こってしまうのです。
起こってからでは取り返しがつかない事もありますので、こういったリスクを十分に理解し、自身に降りかかる前に対策を立てておきましょう。

 

トラダ
尊敬するラリー・ハイトという有名な投資家の名言があります

 

目標は最大限のリターンを狙うものではない。
厳しいリスク管理のもとで、最大限の安定収益を目指すものである。

 

▼ 徹底したリスク管理で利益を着実に積み上げるべし ▼

XMの口座を開設する

 

 

 

ロスカットレベルが低いことによるメリットデメリット

低いロスカットレベルのメリットデメリット

 

XMにてトレードするに辺り、ロスカットレベルが低い事によるメリットとデメリットをご紹介致します。

 

-メリット-
▶︎ゼロカットシステムにより、必要証拠金以上は損失を被る事はない
▶︎強制ロスカットが掛かりにくくなる事で、利益を獲得できる範囲が広くなる

 

ロスカットレベルが20%だからロスカットに合わずに済んだチャートがあったとして、もし50%のFX事業者であれば、20%よりも早い段階でロスカットによる損失が確定してしまうことになります。

ここはロスカットレベルの数値が低い最大のメリットかと感じます。

 

-デメリット-
▶︎ロスカット後の証拠金残高の低さ

デメリットはこれにつきますね。

証拠金維持率20%の時点でのロスカットとなるので、証拠金残額が多ければ多いほど、損失幅が大きくなります。

FXは、リスク管理を誰もが徹底しますが、急な相場変動は誰でも詠めるものではありません。

 

ロスカットレベルが高くても低くても、メリットデメリットは存在するので、自身のトレード環境にとって、どちらが相性が良いのか判断しておきましょう。

 

 

XMはハイレバレッジだからこそ、少ない証拠金でトレード可能

ハイレバレッジ×lot数のコントロール
ロスカットを把握する上で、別で理解しておきたいのが、レバレッジの存在です。
XMでは、国内にはないレバレッジ25倍以上でトレードする事が可能なので、ハイレバレッジでトレードすると、その分、ロスカットにかかってしまう可能性も高くなります。
改めて、魅力あるハイレバレッジのメリットデメリットも併せて理解しておきましょう。
 
メリット:少ない証拠金でハイリターンを得れるトレードが可能
デメリット:負けた場合の損失幅が大きい(勝てば天国、負ければ地獄)

 

上記のメリットデメリットから重要なのは、lot数のコントロールが鍵になるという事です。
ハイレバレッジについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

 

 

自分の条件に合いそうな必要証拠金を計算して調べてみよう

必要証拠金計算ツール

 

ここまでは、用語解説をメインとして説明してきましたが、実際にトレードする際に必要な証拠金がいくらかを事前に計算する事が可能です。

 

国内FXでは基本1lot=10,000通貨ですが、XMでは1lot=100,000通貨となります。

国内水準に条件を合わせるとすると、XMでは0.1lot=10,000通貨となります。

 

その上で、エントリー条件を下記にした場合、いくらの証拠金が必要なのか見てみましょう。

 

-エントリー条件-
口座の基本通貨:JPY
通貨ペア:USDJPY
口座タイプ:スタンダード
ロット数:0.1lot
レバレッジ:25倍(国内最大)

XM証拠金計算機

 

 

上記の場合、必要証拠金が43,314円となりました。

 

では、上記とレバレッジ以外を同条件とし、XMの最大レバレッジである888倍でエントリーする場合の、必要証拠金はいくらになるのでしょうか?

 

XM証拠金計算機(レバ888倍)

 

 

なんと1,219円となりました。

 

これがXMの最大の魅力で、少ない金額で、ハイリターンを狙えて、さらにゼロカットにより必要証拠金以上の損失を被る事はないのです。

 

FXは、世界経済の動きやチャートから見る投資家心理など、普段勉強する事がない事を学んでいく為、知的好奇心が強い方にはもってこいのシステムだとトラダは感じています。

 

どのような条件でエントリーすべきかは、一度ご自身で計算してみてください

 

\ “なんとなくエントリー”からの脱却 /

あなたに最適なトレード条件を算出

 

トラダ
パチスロばかりしているそこのお父さん!FXは単なるギャンブルではなく、立派な学びの場ですよ!

 

必要証拠金の計算方法

証拠金計算ツールがある為、必要ないかもしれませんが、念のため、必要証拠金の計算方法を記載しておきますね。

必要証拠金=取引サイズ÷レバレッジ×口座の通貨換算レート
気になる方は、上記でご紹介した計算ツールを参考に、ご自身の条件に当てはめて計算してみましょう。

 

 

XMボーナスが必要証拠金を補填し強制ロスカット回避

XMでは、口座開設ボーナスに加え、入金ボーナスがあるのはご存知かと思います。
ボーナスクレジット

 

入金ボーナスは基本、入金額の100%を50万円分まで補填してくれる特別オプションとなる為、2万円入金すると合計4万円(入金額2万円+入金ボーナス2万円)の証拠金として口座に加算され、証拠金維持率を高く保ってくれます。

 

証拠金維持率が圧迫しそうなドレード環境の際は、この入金ボーナスを有効活用し、可能な範囲で入金し、ボーナスを掛け合わせて加算し証拠金維持率を保つ工夫をしましょう。

 

まとめ

XMのロスカットレベルが国内FXと比較して、メリットが大きいのは理解頂けたかと思います。

国内FXは信用性が高いように感じますが、海外に目を向けると、実は条件が良くないFX環境だったりもします。

FX事業社側は、その信用をうまく逆手にとり、FX事業社利益、引いては国益に繋がっているので、私たち利用者側が賢く選択していく必要があると強く感じます。

 

トラダ
自分の身は自分で守っていくしかないですね。

 

▼ 低質な国内FX環境からの脱却 ▼

【補足】
XMのページへ飛ぶと、以下のクッキーの利用を確認されますが、利便性を向上させる機能ですので「続行する」をクリックしましょう。

クッキーとは?

クッキーとは?
クッキーはログのような役割を担う機能であり、ログインする際に手間が省けたり、ユーザー毎の細かな設定を記録させておく優秀なデータファイルです。また万が一問題があった場合に、クッキーが機能している事で悪事をいち早く特定でき、修正&解決する事が可能となり、みなさんの情報の安全性を高める事が可能である機能です。

【解決!】XMの「本サイトはクッキーを利用します」って何?

 

 

FX初心者へのおまけ

FX初心者が理解に混同してしまいそうな用語を下記に記載致します。

ロスカットとマージンコールの違い(マージンコールとは?)

マージンコールとは?
口座残高の総額が、未決済ポジションを維持するのに必要な証拠金50%以下となってしまった場合、未決済維持に必要な証拠金が足りない旨を警告通知する事をマージンコールと呼びます。

必要証拠金の50%以下でマージンコールが発令され、20%以下になると強制ロスカットが発動されると理解しましょう。

 

 

トラダ検証結果
5

トラダが100時間程かけて、検証した結果・・・
XMは海外FXの中でも安全性が高く、日本人に向けたサービスが唯一整っています

過去の私のように国内FXで消耗している方こそトライするべきです

>XMに関する調査は出来る限り対応します

XMに関する調査は出来る限り対応します


XMって本当に大丈夫?との思いで当サイトにお越し頂いているかと思います。その不安をトラダが実践し検証することで、皆様がクリアなトレードを実践できるよう努めます。

海外fx初心者が騙されない為に、XM体験記を通じて迷っていた事が解決に繋がれば、これほど嬉しいことはありません

CTR IMG