XMTradingとEXNESSを比較検証!使いやすいのはどっち?

XMTradingとEXNESSを比較検証!使いやすいのはどっち?
  • 「XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)はどっちが使いやすい?」
  • 「XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の取引環境の違いは?」
  • 「XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の安全性は?」

 

運営歴と知名度が高いXMTrading(エックスエム)と新興企業のEXNESS(エクスネス)、両方人気の高い海外FX業者です。

 

今回は取引口座・金融ライセンス・スプレッド、入出金方法・ボーナス・約定力・スワップポイント・ロスカット水準・サポート能力・各種手数料について徹底比較しました。

 

最後まで読み終えたときにはXMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のどちらの口座開設が向いているか理解できるようになるでしょう。

・XMTradingとEXNESSの魅力

・XMTradingとEXNESSの取引環境の差

・XMTradingとEXNESSの使いやすさ

・XMTradingとEXNESSの信頼性

・XMTradingとEXNESSの向き不向き

\ ボーナスがあるのはXMTrading /

XMTradingとEXNESSのどちらがおすすめ?

XMTradingとEXNESSのどちらがおすすめ?

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)はどちらも優れた取引環境を提供する海外FX業者です。

 

ただ結論としてはXMTrading(エックスエム)のほうが多くのトレーダーにとって使いやすくオススメですが、まずは以下の2点で検討してみてはいかがでしょうか。

 

  1. 充実したボーナスのXMTrading(エックスエム)
  2. 最大レバレッジ無制限のEXNESS(エクスネス)

 

それでは具体的に解説していきましょう。

充実したボーナスで選ぶ場合はXMTrading

 

トラダ
XMTrading(エックスエム)は充実したボーナスを提供しています。

 

  • 新規口座開設ボーナス13,000円
  • 入金ボーナス(約140万円以上)
  • 不定期入金ボーナス
  • 現金にも交換できるXMP(ポイント制度)
  • 友達紹介ボーナス
  • その他(DAZNサブスク3ヶ月無料キャンペーン、DTRADE&WINプロモーション、他)

 

上記のとおりXMTrading(エックスエム)は非常に数多くのボーナスがあり、基本的に無条件で受け取れます。

 

一方、EXNESS(エクスネス)にはボーナスがありません

 

少額資金でトレードしたい場合、明らかにXMTrading(エックスエム)のほうが優れています。

最大レバレッジで選ぶ場合はEXNESS

 

トラダ
EXNESS(エクスネス)は最大レバレッジ無制限(21億倍)です。

 

XMTrading(エックスエム)の最大レバレッジは1,000倍なので圧倒的にEXNESS(エクスネス)のほうがハイレバレッジトレードを行えます。

 

ただし、最大レバレッジが高ければ高いほどロスカットが発生しやすく、ギャンブルトレードになりがち。

 

XMTrading(エックスエム)の最大レバレッジ1,000倍でも国内FX業者の最大レバレッジ25倍と比べれば大幅に高いため、本当に最大レバレッジ無制限が必要か考えるべきでしょう

 

\ EXNESSではボーナスなし /

XMTradingとEXNESSの取引口座比較

XMTradingとEXNESSの取引口座比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の取引口座を比較しました。

 

どちらも複数タイプの取引口座を提供していますが、今回はスタンダードタイプの口座と低スプレッド系の口座で比較します。

スタンダードタイプの口座で比較

 

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のスタンダードタイプの口座で比較した結果は以下の表のとおりです。

 

XMTrading

(スタンダード口座)

EXNESS

(スタンダード口座)

新規口座開設ボーナスありなし
入金ボーナスありなし
その他ボーナスありなし
最低入金額$5$10
最大レバレッジ1,000倍無制限(21億倍)
最大ロット数50ロット200ロット
最小ロット数0.01ロット0.01ロット
ロスカット水準20%0%
ゼロカット対応対応対応
スワップポイントありなし(一部除く)
スプレッド(USD/JPY)1.6pips前後1.1pips前後

 

XMTrading(エックスエム)のスタンダード口座は新規口座開設ボーナス・入金ボーナス・その他ボーナス・最低入金額がEXNESS(エクスネス)より優れています。

 

一方、EXNESS(エクスネス)のスタンダード口座は最大レバレッジ・最大ロット数・ロスカット水準・スプレッド(USD/JPY)に魅力がありました。

 

以上の理由から少額資金トレーダーや投資金を抑えたいトレーダーはXMTrading(エックスエム)のスタンダード口座、ある程度まとまった投資金を用意できるトレーダーはEXNESS(エクスネス)のスタンダード口座にメリットがあるでしょう。

低スプレッド系の口座で比較

 

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)は低スプレッド系の口座を2種類ずつ提供しています。

 

  1. XMTrading(エックスエム)=ゼロ口座&KIWAMI極口座
  2. EXNESS(エクスネス)=ゼロ口座&ロースプレッド口座

 

それぞれの口座タイプを比較した結果は以下の表のとおりです。

 

XMTrading

(ゼロ口座)

EXNESS

(ゼロ口座)

XMTrading

(KIWAMI極口座)

EXNESS

(ロースプレッド口座)

ボーナスの有無新規口座開設ボーナスなし新規口座開設ボーナスなし
最大レバレッジ500倍無制限1,000倍無制限
初回最低入金額$5$1,000$5$1,000
最低スプレッド0.0pips~0.0pips~0.6pips~0.0pips~
取引手数料片道$5片道最大$3.5無料片道$0.1
ロスカット水準20%0%20%0%
ゼロカット対応対応対応対応
最大ロット数5020050200

 

低スプレッド系の口座を比較した場合でも、最低入金額$5からトレードできるXMTrading(エックスエム)のほうが少額資金トレーダーに向いています。

 

一方、最大レバレッジやロスカット水準はEXNESS(エクスネス)の低スプレッド系の口座に優位性があり、まとまった資金力があれば魅力を感じるでしょう。

 

また、XMTrading(エックスエム)のKIWAMI極口座は取引手数料が無料になり、手数料の支払いに抵抗感のある人にオススメです。

 

\ XMは圧倒的な取引銘柄数 /

 

XMTradingとEXNESSの取扱銘柄数で比較

XMTradingとEXNESSの取扱銘柄数で比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の取扱銘柄数で比較した内容は下記のとおりです。

 

取扱銘柄XMTradingEXNESS
FX通貨ペア55種類95種類
貴金属CFD4種類15種類
仮想通貨31種類22種類
株価指数CFD24種類11種類
株式CFD1,300種類以上98種類
コモディティCFD8種類なし
エネルギーCFD5種類3種類
合計1,427種類以上270種類以上

 

XMTrading(エックスエム)は1,427種類以上の取引銘柄数に対してEXNESS(エクスネス)は270種類以上ありました。

 

株式CFDの数でXMTrading(エックスエム)が圧倒していますが、他のCFD商品では両社ともに優劣があります。

XMTradingとEXNESSの金融ライセンスで比較

XMTradingとEXNESSの金融ライセンスで比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のグループ全体で金融ライセンスを比較した結果は以下の表のとおりです。

 

金融ライセンス名称XMTrading(ライセンス番号)EXNESS(ライセンス番号)
イギリス

金融行動監視機構

(FCA)

705428730729
キプロス

証券取引委員会

(CySEC)

120/10178/12
オーストラリア

証券投資委員会(ASIC)

443670なし
モーリシャス

金融サービス委員会 (FSC)

GB20025835GB20025294
セーシェル

金融サービス庁

(FSA)

SD010SD025
英領バージン諸島

金融サービス委員会(FSC)

なし2032226

SIBA/L/20/1133(投資事業ライセンス)

 

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のグループ全体では、どちらも価値が高い金融ライセンスのイギリス金融行動監視機構(FCA)とキプロス証券取引委員会 (CySEC)の金融ライセンスを保有しています。

 

また、日本人顧客向けの金融ライセンスは両社ともにセーシェル金融サービス庁(FSA)なので特にライセンス面で差はありません。

XMTradingとEXNESSのスプレッドの大小で比較

XMTradingとEXNESSのスプレッドの大小で比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のスプレッドの大小を主要通貨ペアで比較しました。

 

通貨ペア名称XMTradingEXNESS
ドル円(USD/JPY)1.6pips前後1.1pips前後
ユーロ円(EUR/JPY)2.0pips前後1.8pips前後
ポンド円(GBP/JPY)3.0pips前後2.1pips前後
ユーロドル(EUR/USD)1.5pips前後1.1pips前後
ポンドドル(GBP/USD)1.8pips前後1.3pips前後
ゴールド(XAUUSD)2.4pips前後2.1pips前後

 

今回の表はスタンダード口座での比較ですが、他の取引口座でも基本的にEXNESS(エクスネス)のほうがスプレッドは狭いです。

 

ただし、XMTrading(エックスエム)はボーナスやXMP(取引ごとに貯まるポイント)があり、考慮した場合のスプレッド差は0.1pips~0.3pips程度に収まる可能性が高いです。

XMTradingとEXNESSのスワップ比較(スワップフリー含む)

XMTradingとEXNESSのスワップ比較(スワップフリー含む)

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のスワップ比較(スワップフリー含む)の結果は以下の表のとおりです。

 

通貨ペア名称XMTrading(ロング)EXNESS(ロング)
ドル円(USD/JPY)12.330
ユーロ円(EUR/JPY)6.580
ポンド円(GBP/JPY)14.510
ユーロドル(EUR/USD)-7.37-5.7
ポンドドル(GBP/USD)-4.18-2
ゴールド(XAUUSD)-41.52-328

 

通貨ペア名称XMTrading(ショート)EXNESS(ショート)
ドル円(USD/JPY)-33.26-27.3
ユーロ円(EUR/JPY)-29.52-25
ポンド円(GBP/JPY)-41.29-29.8
ユーロドル(EUR/USD)1.130
ポンドドル(GBP/USD)-2.88-0.56
ゴールド(XAUUSD)190

 

EXNESS(エクスネス)は個別株式CFD・仮想通貨はスワップフリーですが、他の取引銘柄はスワップポイントが発生するため注意してください。

 

XMTrading(エックスエム)とは異なりEXNESS(エクスネス)はスワップポイントは基本的にロング・ショートどちらもマイナスなので長期的にポジションを保有するのに不向きです。

 

一応、EXNESS(エクスネス)の秘密の条件を満たすとスワップフリーになるケースもありますが、達成条件が非公開なので現実的ではありません。

 

また、XMTrading(エックスエム)はKIWAMI極口座のみ一部銘柄に限定してスワップフリーを採用しています。

XMTradingとEXNESSの入出金方法の種類で比較

XMTradingとEXNESSの入出金方法の種類で比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の入出金方法の種類で比較しました。

 

結論としてはEXNESS(エクスネス)のほうが入出金方法の数は多いです。

 

まずはXMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の入金方法と最低入金額を比較した表は以下のとおりです。

 

入金方法名称EXNESS/裁定時間XMTrading/最低入金額
クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB・MASTER)$10JCB:10,000円

VISA:500円

bitwallet$10500円
国内銀行送金$1010,000円
STICPAY$10メンテナンス中
国際銀行送金$10,000なし
PerfectMoney$50なし
BXONEなし500円
仮想通貨

(ビットコイン・テザー・ユーエスディーコイン)

$10なし
ApplePayなし8,000円

 

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の入金方法の反映時間は以下の表を確認してください。

 

入金方法名称EXNESS/反映時間XMTrading/最低入金額
クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB・MASTER)即時〜最大5日即時反映
bitwallet即時〜24時間以内即時反映
国内銀行送金即時〜24時間以内1時間以内
STICPAY即時〜最大2日メンテナンス中
国際銀行送金1時間〜最大72時間なし
PerfectMoney即時〜最大5日なし
BXONEなし即時反映
仮想通貨

(ビットコイン・テザー・ユーエスディーコイン)

即時〜72時間なし
ApplePayなし即時反映

 

次にXMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の出金方法と出金手数料を比較しました。

 

入金方法名称Exness/出金手数料XMTrading/出金手数料
クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB・MASTER)無料無料
bitwallet無料無料
国内銀行送金無料400,000円未満:2,500円

400,000円以上:無料

STICPAY無料メンテナンス中
PerfectMoney無料なし
BXONEなし無料
仮想通貨

(ビットコイン・テザー・ユーエスディーコイン)

無料

 

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の出金時間に差はほぼありません。

 

入金方法名称Exness/出金時間XMTrading/出金時間
クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB・MASTER)1~14営業日(最大30日)最大2か月
bitwallet即時〜24時間以内24時間以内
国内銀行送金3~5営業日2~5営業日
STICPAY即時〜5時間以内メンテナンス中
PerfectMoney即時〜最大72時間なし
BXONEなし24時間以内
仮想通貨

(ビットコイン・テザー・ユーエスディーコイン)

即時〜72時間なし

 

また、XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)どちらも利益分の出金は国内銀行送金のみ対応しています。

 

他の出金方法は入金時に使用した金額まで出金できます。

XMTradingとEXNESSのボーナスの魅力で比較

XMTradingとEXNESSのボーナスの魅力で比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のボーナスの魅力で比較しました。

 

結論としてEXNESS(エクスネス)は一切ボーナスがありません

 

一方、XMTrading(エックスエム)は以下のとおり豊富なボーナスがあります。

 

  • 新規口座開設ボーナス13,000円
  • 入金ボーナス(約140万円以上)
  • 不定期入金ボーナス
  • 現金にも交換できるXMP(ポイント制度)
  • 友達紹介ボーナス
  • その他(DAZNサブスク3ヶ月無料キャンペーン、DTRADE&WINプロモーション、他)

 

ただし、XMTrading(エックスエム)のすべてのボーナスが対象の取引口座はスタンダード口座とマイクロ口座です。

 

他のタイプの取引口座は新規口座開設ボーナス13,000円のみ受け取れます。

\ ボーナス受け取りはここ↓↓↓ /

 

XMTradingとEXNESSの約定力の高さで比較

XMTradingとEXNESSの約定力の高さで比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の約定力の高さで比較しました。

 

  • XMTrading(エックスエム)=約定率99.98%(公開/平均約定)
  • EXNESS(エクスネス)=非公開

 

XMTrading(エックスエム)は運営当初から約定力を公開してリクオート(注文拒否)に力を入れ、平均約定率99.98%、全注文の99.35%が1秒以内に約定している実績があります。

 

EXNESS(エクスネス)は約定力が非公開でスリップが起こりやすいという報告もあり、ボラティリティの高い時間帯はトレードを避けたほうが無難でしょう。

 

特にスキャルピングやデイトレードといった1pipsが利益に直結するトレードスタイルの場合はXMTrading(エックスエム)を選ぶようにしましょう。

XMTradingとEXNESSのロスカット水準を比較

XMTradingとEXNESSのロスカット水準を比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のロスカット水準を比較しました。

 

XMTradingEXNESS
マージンコール50%60%(30%)
ロスカット水準20%0%

 

  • マージンコール=各割合まで証拠金が減少すると通知されるシステム
  • ロスカット水準=一定の損失が発生したときに業者側が強制的に決済するシステム

 

重要なのはロスカット水準になり、EXNESS(エクスネス)は証拠金が0%になるまでポジションを保有できますが、XMTrading(エックスエム)は証拠金20%でポジションが強制決済されます。

 

ただし、XMTrading(エックスエム)は証拠金20%が残った状態でロスカットされるため、口座残高が少しでも残るメリットもあります。

XMTradingとEXNESSのサポート体制の違いを比較

XMTradingとEXNESSのサポート体制の違いを比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のサポート体制の違いに差はほぼありません。

 

XMTradingEXNESS
電話(平日8時~24時)
メール(平日24時間)メール(平日8時~24時)
ライブチャット(平日24時間)ライブチャット(平日8時~24時)
よくある質問(24時間)よくある質問(24時間)

 

EXNESS(エクスネス)は電話対応がありますが、正確に問い合わせたい内容が伝わるか不安があります。

 

そのためメールまたはライブチャットを利用する人が多く、平日24時間対応のXMTrading(エックスエム)のほうが使い勝手は良いでしょう。

 

また、XMTrading(エックスエム)は日本での営業が長く本物の日本人スタッフが在籍していますが、EXNESS(エクスネス)は日本語がわかるスタッフが在籍しています。

 

日本語のニュアンスを正確にやり取りできるのはXMTrading(エックスエム)の日本人スタッフになるでしょう。

XMTradingとEXNESSの手数料を比較

XMTradingとEXNESSの手数料を比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の手数料を比較するとEXNESS(エクスネス)のほうが低いです。

 

XMTradingEXNESS
口座維持手数料$10(休眠口座化以降)無料
入金手数料無料無料
出金手数料無料無料
取引手数料無料(ゼロ口座は往復$10)無料(ゼロ口座は往復$9,ロースプレッド口座は往復$7)
VPS手数料無料(条件あり)無料(条件あり)

XMTradingとEXNESSの安全性で比較

XMTradingとEXNESSの安全性で比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の安全性を比較しました。

 

XMTradingEXNESS
金融ライセンスセーシェル(日本人顧客)セーシェル(日本人顧客)
分別管理ありあり
信託保全なしなし
日本でのサービス開始2009年2020年

 

金融ライセンスは両社ともに日本人顧客に適応するのはセーシェルで差はありません。

 

また、分別管理はしていますが、信託保全は未対応なのも同じです。

 

日本人顧客へのサービスはXMTrading(エックスエム)のほうが15年近くあるのでまだ4年程度のEXNESS(エクスネス)に比べると信ぴょう性は高いと言えるでしょう。

 

\ ボーナス受け取りはここ↓↓↓ /

 

XMTradingとEXNESSのレバレッジの高さで比較

XMTradingとEXNESSのレバレッジの高さで比較

XMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)のレバレッジの高さで比較しました。

 

  • XMTrading(エックスエム)=1,000倍
  • EXNESS(エクスネス)=無制限(21億倍)

 

両社ともに有効証拠金残高に応じて最大レバレッジが制限されます。

 

XMTrading(エックスエム)の有効証拠金残高と最大レバレッジ制限は以下のとおりです。

 

有効証拠金残高最大レバレッジ
$5~$40,0001,000倍
$40,001~$80,000500倍
$80,001~$200,000200倍
$200,001以上100倍

 

EXNESS(エクスネス)の有効証拠金残高と最大レバレッジ制限は以下のとおりです。

 

有効証拠金残高最大レバレッジ
$0~$999無制限(条件:合計10回以上の取引&合計5ロット以上の取引済み)
$0~$4,9992,000倍
$5,000~$29,9991,000倍
$30,000以上500倍

 

最大レバレッジの比較では制限を受けても500倍を維持できるEXNESが圧倒的に優れています。

 

また、取扱銘柄による最大レバレッジの比較は以下の表のとおりです。

 

取扱銘柄XMTradingEXNESS
FX通貨ペア1,000倍無制限
貴金属CFD1,000倍無制限
仮想通貨500倍400倍
株価指数CFD200倍400倍
株式CFD20倍20倍
コモディティCFD50倍なし
エネルギーCFD200倍200倍

 

上記はあくまで銘柄群による最大レバレッジになり、銘柄によっては最大レバレジに制限を設けているケースがあるので注意してください。

XMTradingとEXNESSの比較まとめ

 

今回はXMTrading(エックスエム)とEXNESS(エクスネス)の取引環境を中心に比較しました。

 

どちらの海外FX業者も人気が高いだけあり、非常にハイスペックな条件でトレードできます。

 

結論としてはXMTrading(エックスエム)のほうが各種ボーナスや運営歴、使いやすさで上回り、投資金を抑えてトレードしたい人に向いています。

 

対してEXNESS(エクスネス)は最大レバレッジ無制限やロスカット水準0%といった魅力もあり、まとまった投資金を用意できれば魅力がある海外FX業者と言えるでしょう。

 

まだ海外FX業者を体験したことがない人や日が浅い場合は、XMTrading(エックスエム)の口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

トラダ検証結果
5

トラダが500時間程かけて、検証した結果・・・
XMは海外FXの中でも安全性が高く、日本人に向けたサービスが唯一整っています

過去の私のように国内FXで消耗している方こそトライするべきです

 

合わせて読んでおこう

要チェック!

トラダ当記事では、XMTrading(エックスエムトレーディング)の特徴から操作・注文方法まで、広範囲で解説している記事となります。  XMTradingに登録する前に、もう少し情報が欲しい[…]

XMトレーディングの使い方|登録方法・MT4_5利用方法

XMについてもっと知りたい方はこちら

\ 気になる記事をご覧ください /

XM(エックスエム)を深く知ろう

>XMに関する調査は出来る限り対応します

XMに関する調査は出来る限り対応します


XMって本当に大丈夫?との思いで当サイトにお越し頂いているかと思います。その不安をトラダが実践し検証することで、皆様がクリアなトレードを実践できるよう努めます。

海外fx初心者が騙されない為に、XM体験記を通じて迷っていた事が解決に繋がれば、これほど嬉しいことはありません

CTR IMG
\ 検証500時間超! /
XMは海外FXの中でも安全性が高く、日本人に向けたサービスが唯一整っています
【今だけ!!】13,000円ボーナスを受け取る
\ 検証500時間超! /
XMは海外FXの中でも安全性が高く、日本人に向けたサービスが唯一整っています
【今だけ!!】13,000円ボーナスを受け取る